心理学ブログ

Just another WordPress site

人間関係の心理学 影響力の心理学

人に行動させるにはネガティブ面かポジティブ面どっちを強調すべき!?

投稿日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。

私たちはよく、人を説得するときにその行動を起こさなかった場合の損失や恐怖を煽ることをしますよね。

具体的な例でいうと、子供に勉強させようとするとき「勉強をしていないといい大学にいけないよ!」とか、「勉強しないとろくな人間になれないよ」などといったことです。

もっとも、このようなセリフによって子供たちがもう勉強するという光景はいまだにみたことがありませんが、、(笑)

とにかく他人を説得するときに損失を強調するというのはよくやってしまうことであると思います。

では、私たちの感覚的にはあまりうまくいっていなさそうですが(少なくとも子供に対しては)科学的な根拠はあるのでしょうか?


実際のところ、科学的には行動を起こさせたいときには損失よりも獲得できるものを強調すべきだと言われています。

行動を起こすのは損失よりも利益を強調せよ!?

2012年にスウェーデンのカロリンスカ研究所のマルク・ギタルト=マシップ、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの教授であるターリ・シャーロットらがある実験を行いました。

4種類の絵を使って参加者たち以下のような単純な作業をそれぞれ行いました。

1,行動したら報酬が貰えるパターン
4種類の絵のうち、画面に指定された1枚の絵が映し出された時に、すぐにスペースキーを押すと参加者は1ドル貰える。

2,行動したら損失が回避できるパターン
同じような形で、画面に指定された1枚の絵が映し出された時に、素早くキーを押すと1ドル失うのを避けられる。


この2つのパターンを比べた結果、面白いことがわかりました。

大多数の参加者は1ドル得るためにキーを押すより、1ドル失うのを避けるためにキーを押す方が遅かったのです。さらにキーを押し間違える可能性も高くなりました。


認知神経学者のターリ・シャーロットによれば、人間の脳は前向きな行為を、避けるべき害よりもご褒美と結びつけいるとのことです。

まとめ

私たちは、何かいいものが手に入りそうな時、脳が生物学的事象を引き起こすことによって、素早い行動がとりやすくなります。

これを「ゴー反応」と呼びます。

その一方で、悪いことや損失が起こりそうな時、私たちは感覚的に腰が引けてしまいます。これを「ノー・ゴー反応」と呼びます。

この「ノー・ゴー反応」は反応を抑止します。

その結果として私たちは悪い予測をするよりも良い予測をした時の方が行動を起こす可能性が高くなるのです。

つまるところ、ネガティブな面よりもポジティブな面を強調した方が、行動には繋がりやすいってわけです。


この研究を日常でどのように使えるでしょうか?

たとえば、子供に勉強させたい時には「勉強しないとバカになるよ」と警告するのではなく、「勉強すればもっと賢くなれるよ」といった方が良いでしょう。


というわけで行動させたいならポジティブを強調せよ、てお話でした。ぜひ使ってみていかがでしょうか。



参考文献、オススメ本はこちら

他人を説得するために読むべきオススメ本はこちら


今ならオーディオブックがなんと一冊無料で聴けるチャンス

-人間関係の心理学, 影響力の心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

権力を持つと〇〇能力が下がる!?権力の副作用についての心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 これだけ個人での発信が可能となった今、多くの人が手に入れたいと思うのが影響力や権力ではないでしょうか? あなたも権力や影響力を持ちたいと思ったことが少なくと …

すぐにできる人見知りを改善する方法は○○○を強調せよ 人間関係の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 いきなりですが皆さん人見知りですか?人見知りだという人も、そうじゃないよっていう方もいるとは思いますが、初めて会った人ともっと早く仲良くなりたいと思うことは …

最初に人気だから買ってしまう!?マーケティングと社会的影響力の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 普段から私たちはさまざまな選択を迫られるわけですが、みなさんは自分の選択はもちろん自分で決めていると思っていますよね? しかし、さまざまな研究によると実際は …

人間関係の辛さは鎮痛剤で治る!?驚くべき「ヤバイ心理学」

こんにちは、心理学ライターのshinです。 前回の記事で社会的な痛み(失恋や拒絶)はどうやら身体的な痛み(こけて擦りむくなど)と類似しているという研究を紹介しました。 ということでこのSNS社会では誹 …

「割れ窓理論」はどこまで本当なのか!?心理学的に解説

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたは「割れ窓理論」という言葉を聞いたことがありますか? これは犯罪学者のジョージ・ケリングが提唱したもので、小さな犯罪を抑止することで凶悪な犯罪も抑える …