心理学ブログ

Just another WordPress site

ダイエットの心理学 成功するための科学 自己コントロールの心理学

環境が才能を作る「ピア・プレッシャー」の心理学

投稿日:

こんにちは、shinです。

いきなりですが、才能と聞くとどんなことを思い浮かべるでしょうか?

何万人の前で歌う歌手やアーティスト、イチロー選手のような大活躍した野球選手といった人を想像したのではないでしょうか。

才能と聞くとどこか生まれ持ったものであったり、常人にはできないような並外れた努力から生まれるものだと思いますよね?

それは間違いだと僕は思います。

たしかに、生まれ持ったものに関してはどうしようもありませんが、努力できかいからと諦めるのはもったいないです。

というのも「環境」こそが努力を作ってくれるものだからです。

実際の研究で面白いものがあるので紹介します。

「周りの環境でセルフコントロール能力は高められる!?」

コロラド大学の実験でセルフコントロール能力は「ピア・プレッシャー」によって高められるのかについて研究されたものがあります。

この研究では4歳の子供たちにマシュマロの置かれた部屋に誘導して、

「マシュマロを食べずに我慢できたら、あとでもう一つあげる」

と伝えました。

この時、研究者は子供たちを以下の2つのグループに分けました・

1、 普通に我慢させるグループ
2、「他の子はマシュマロを我慢できたよ」と伝えるグループ

二つ目のグループがまさに周りの子供はできたという「ピア・プレッシャー」をかけたグループでした。


その結果は目覚ましいものでした。

「ピア・プレッシャー」をかけられた子供は、普通に我慢した子供と比べてマシュマロを我慢する確率が2倍にも高まったのです。

まとめ

つまり、私たちのセルフコントロール能力は自分で思っている以上に周りの環境によって左右されているのです。

これがまさに「才能は環境が作る」という主張と繋がります。

私たちは自分たちで圧倒的努力を続けられるほどにセルフコントロール能力が高くありません。

もし、あなたが1人でも圧倒的な努力をし続けられるのなら、それはもはや才能ではないでしょうか。

人は自分で思っているよりも周りに流されやすい生き物です。

たとえば、中学や高校の時にテスト前、みんなが一生懸命勉強しているのを見て「やばい、自分もやらなきゃ」と思ったことが一度はあると思います。

これこそがまさに「ピア・プレッシャー」のすごいところなのです。

ここまでを踏まえて言えることは、「望む自分になりたいなら、努力せざる負えない環境に身をおくべき」ということです。

・ダイエットをしたいなら、ジムに通ってジム仲間を作ってみる

・志望校に受かりたいなら、受験勉強をしている仲間がいる図書館に行ってみる。

もしかしたら小さな差かもしれませんが、その効果は劇的です。


というわけで、環境をコントロールして努力を習慣にできないか考えてみてはいかがでしょうか?

じゃあまたね〜。



参考文献はこちら

-ダイエットの心理学, 成功するための科学, 自己コントロールの心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心理学が明かす「幸せすぎる代償」が残酷すぎた件を解説

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたの人生の目標はなんですか? そう聞かれた時に答えはさまざまあるかもしれませんが、幸せになりたくないという人はいないですよね。 たとえば、お金を稼ぐとい …

天才を越えるためのクリティカルシンキング入門

こんにちは、shinです。 天才と言われるとどんな人を想像するでしょうか? 人によって思い浮かべる人は違うでしょうが、東大に入るようなクラスの優等生や、イチロー選手などの並外れた成績を残した人をイメー …

意志を無効化する「どうにでもなれ効果」を防ぐ方法とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 今回は前回の記事で取り上げた「どうにでもなれ効果」を防ぐ方法についてお話ししたいと思います。 まずは、「どうにでもなれ効果」について簡単に説明しておくと、私 …

ダイエットが失敗続きの人のためのラクして痩せる心理学とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 生きていく上で誰もが一度は抱える悩みと言えばダイエットではないでしょうか? ある調査によるとたいていの人は一度はダイエットや禁酒に挑戦しているといるというデ …

健康を意識しただけでジャンクフードを食べたくなる!?「ライセンシング」の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 私たちには、道徳的に良いことをしたり、自分が良いと思うことをした後は自分の好きなことをしても良いって考えてしまう傾向があります。 この傾向を心理学の世界では …