心理学ブログ

Just another WordPress site

計画の心理学

TOEICの点数を4ヶ月で約200点あげた心理学を使った計画術がこちら

投稿日:2021年2月22日 更新日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。

今回は「WOOPの法則」を私自身の実例を紹介しますので目標を立てるときの参考にしてみてください。

まずは「WOOPの法則」について簡単に説明しておきましょう。

「WOOPの法則」とはペンシルベニア大学のガブリエル・エッティンゲン教授の提唱した方法で

これはそれぞれの
願い W (wish)
成果 O (outcome) 
障害 O (obstacle)
計画 P (plan)  

の頭文字をとったものになっており、あらゆる目標に適用できるようになっています。

この方法を使った場合の目標達成率が2倍に高まるという研究結果も出ています。

これを私のTOEICの勉強の事例を使ってみていきましょう。

まずは前提条件を整理します。

状況: 1年前に受験したTOEICで705点だった。

目標: TOEIC受験者の上位5%になるために880-920点を目指す。

目標に幅をもたせているのについても理由がありますが、長くなりそうなので今度書きます。


私はこの目標を以下のように当てはめました。

W (wish) 願い

学生として評価を高めるために目に見える結果で上位5%にはいる

O (outcome)  成果(具体的な目標)

TOEICの点数で880-920点を取る

O (obstacle) 障害

毎日の勉強をサボる(2時間より少ない)
英文を読むのが苦手
そもそも時間内に間に合わない

P (plan)  計画

毎日16時になったら英語の勉強を始める
リーディングをリスニングの1.5倍勉強する
時間を毎回はかりながら問題を解く

詳細を説明するともっとありますが、ざっくりとこんな感じでWOOPの法則を使ってみました。

その結果、4ヶ月後のテストで900点にはわずかに届かなかったものの、895点まで伸ばすことができました。


これは毎日の勉強をサボる、時間が足りないなどの目標達成の妨げとなる障害(obstacle)を計画(plan)で潰したからに他なりません。

これがまさにWOOPの法則の効果なのです。

やみくもに目標を達成できると考えるのではなく、何が目標達成を妨げるのか、それに対してどのような対策が取れるのかを考えることが大切になってくるのです。

というわけで、目標達成したい時にはWOOPの法則を試してみてはいかがでしょうか。

じゃあまたね〜。




参考文献、オススメ本はこちら

ネガティブ思考で成功を掴むための本がこちら


-計画の心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全ての計画を狂わせる「計画錯誤」の罠とそれの解決策とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたは期限のあるもの(仕事や学校の課題など)を事前に計画を立てていたのに計画通りに進まず結局、時間ギリギリに提出することにってしまったことってありませんか …

挫折に強くなる「自己超越目標」とその効果とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたは現在、どのような目標を持っていますか? 目標を持つことが大切だ、みたいな話は一度記事でも書きましたが、高い成果を上げるためにはある程度の目標設定が重 …