心理学ブログ

Just another WordPress site

ビジネススキル 人間関係の心理学

占い師が当たる理由の「バーナム効果」について暴露します。

投稿日:2021年5月5日 更新日:

こんにちは、shinです。

占いとか超能力といったものは一度は誰もが信じたことがあるのではないでしょうか?

星座占い、手相占いなど世の中にはさまざまな手法の占いが存在しています。

まずは、先に断言します。

世の中に蔓延る占いなど超能力は存在しません。

残念ながら本当に未来を見通すことができたら、ビジネスで成功できるだろうし、もっと有用な使い方をできるはずです。

さて、ではなぜ占い師は多くの人を信頼させることができるのでしょうか。

占い師が人を信頼させるテクニックの1つに「コールドリーディング」と呼ばれる手法があります。

わかりやすく例えると、「あなたは社交的ですが、孤独を感じていますね」といって事前情報なしに当てたりするアレです。

読まれてる人からすれば、「この人は私のことを全てわかっているんだ」と思って信じてしまうわけです。

しかしながら、これは超能力でも才能でもなんでもありません。

ではなぜ、私たちはまるで自分の性格を当てられたように感じるのでしょうか?


答えは、「バーナム効果」です。

「バーナム効果」とは誰にでも当てはまりそうな言葉を言われた人が、それをまるで自分のことだと感じてしまうという心理作用です。

これを証明した研究を紹介しましょう。

誰にでも当てはまるのに信じてしまう!?

心理学者のバートラム・フォアラーは1984年に学生のグループを対象に性格テストを行いました。

このテストを終えた後に学生一人一人に次のように言いました。

「性格テストの結果、あなたの性格はユニークなものだという結果が出た。その診断がどこまであっているかを0から5点までで採点して欲しい」


ここでポイントだったのは学生一人一人違う診断結果の内容ではなく、実は全く同じ以下のような文章でした。

あなたには、かなり壮大な願望があります。あなたは外向的で、人当たりがよく、社交的に振る舞う時もありますが、内向的で警戒心が強く、控えめな時もあります。他の人に自分を曝け出すことは抵抗があるでしょう。あなたは変化が好きで、制限されると不満を感じます。正しい判断をしたか、正しい行動をしたかに関して、時々悩みます。自分の中にまだ生かしきれていない面があります。人に好かれたい、賞賛されたいという強い願望を持っています。
(一部抜粋)

実は、この性格診断の記述はフォアラーが星占いの寄せ集めで作ったものです。


その結果、学生たちが自分の性格診断に対してつけた点数の平均点は5点満点中の、なんと「4.3点」だったのです。

まとめ

つまり、学生たちは自分の性格の86%は当てられたと評価したのです。

これがまさに「バーナム効果」と呼ばれるもので、誰にでも当てはまる曖昧な表現を使われていたとしても、自分に当てはまるように感じてしまうのです。

これがまさに星占い、手相占い、血液型占いが今でも根強い人気を誇る理由の一つです。


では、なぜこんなにも自分に当てはまると思ってしまうのでしょうか?

まず一つ目に、「一般的な内容」を使っているところです。

たとえば、「人生の決断に迷う時もある」と言われて否定できる人がどれだけいるでしょうか?

このように誰にでも当てはまる言葉を使うことでまるで自分のことのように感じてしまうのです。


二つ目は「シュガーランプ」という手法で、これは聞こえのいい言葉を使うというもの

「あなたは創造性が豊かですね」と言われるとたとえ自分が創造性が豊かでなくとも、そうかもしれないと思ってしまいますよね。

これがまさに甘い言葉をかける「シュガーランプ」という手法です。


三つ目は「確証バイアス」です。

これは有名なのでお馴染みかもしれませんが、人には信じたいものを信じる傾向があります。

そのため、占いを少しでも信じていると、その人が言っていることに当てはまる事象を必死に探そうとするのです。

たとえば、「あなたにはSと関係している大切な人がいますね?」と占い師が言ったとしましょう。

すると、あなたの脳は高速で「S」に関係のある人を探そうとします。

その結果、家族や友人から「S」が付く人をこじつけで見つけて、「当たっている」と感じるのです。

実際のところ、名前のどこかにイニシャルのSがつく人はたくさんいるのでほとんどの確率で見つかるのですが、、


つまるところ、占いやコールドリーディングは、本当に人の頭の中や心を読み取っているわけではなく、そのように見せているだけということです。

これが手相占いや、血液型占いをはじめとした占いの全貌です。

というわけで、ぜひ「占い」に左右されるような人生に気をつけてみてはいかがでしょうか?

じゃあまたね〜。



参考文献、おすすめ本はこちら

相手の心を掴むならこの本

-ビジネススキル, 人間関係の心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間関係の辛さは鎮痛剤で治る!?驚くべき「ヤバイ心理学」

こんにちは、心理学ライターのshinです。 前回の記事で社会的な痛み(失恋や拒絶)はどうやら身体的な痛み(こけて擦りむくなど)と類似しているという研究を紹介しました。 ということでこのSNS社会では誹 …

「モテる人はアレを多用する!?」相手の好感度を上げる方法を心理学的に解説

こんにちは、心理学ライターのshinです。 今回は人間関係に使える心理学のお話をします。 私たちが生きていく上でもっとも必要な能力の1つが人と会話したり、わかりあったりするコミュニケーション能力です。 …

お金のことを考えると起こる意外すぎる副作用とは!?お金の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 お金というのは特に議論の的となりやすい非常に面白いトピックではないかと考えています。 たくさんお金を稼ぐのは素晴らしいことだという意見を持つ人もいれば、大事 …

優しい人の方が成功を手にする!?ギブアンドテイクの心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 多くの人は優しくありたいと思う一方で、誰にでも優しくしていたら相手の思惑にひっかかってしまうんじゃないかと思っていると思います。 優しくありたいと思うことは …

すぐにできる人見知りを改善する方法は○○○を強調せよ 人間関係の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 いきなりですが皆さん人見知りですか?人見知りだという人も、そうじゃないよっていう方もいるとは思いますが、初めて会った人ともっと早く仲良くなりたいと思うことは …