心理学ブログ

Just another WordPress site

意思決定の心理学

した後悔か、しなかった後悔どっちの方が大きいのっていう意思決定の心理学

投稿日:2020年4月1日 更新日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。

あなたは何か大切な意志決定をする時にどのようにして決断を下していますか?

人生には大きい決断から小さい決断まで意思決定の場面が幾度となく訪れます。

たとえば仕事で海外への転勤を勧められた時に行くかどうか、好きな人に告白するかどうかなど様々な場面で難しい決定をしなくてはいけません。

決断による後悔を完全になくすのは難しい話ですが、どのような決断をした時に後悔しやすいのかは研究によって明らかになっています。

それでは質問です。

人間はある行動(たとえば告白)をした時か、それともしなかった時か、いったいどっちの方か後悔するでしょうか?


正解は、、、行動をしなかった時の方が後悔が大きいってことがわかっています。

しなかった後悔はした後悔よりも3倍も大きい!?

コーネル大学のトマス・ギロビッチは10年以上に渡って後悔の心理を続けて興味深い研究を発表しました。

ギロビッチは人々に自分の人生を振り返って最も後悔したことはなにかという質問に答えてもらいました。

その回答の結果、したことに対する後悔はわずか25%ほどで、

就職を選び間違えてしまったこと
愛のない結婚をしてしまったこと
タイミングの悪い時期に子供を持ってしまったことなどが挙がりました。


一方で自分がしなかったことに対する後悔はなんとした事に対しての後悔の3倍の約75%もあったのです。

そしてそのうちの上位3項目が

学校でしっかり勉強をしなかったこと
大事なチャンスをものにしなかったこと
友人や家族を大切にしなかったこと

という結果でした。

まとめ

つまり人は自分がしなかったことの方がしたことにに比べてなんと3倍も後悔しやすいってことなんですよ。

なぜこのような結果になったかというと、
したことというのは過去になると合理化しやすい(振られたけどきっとあの子は性格が悪かった)

一方で、しなかったことに関しては限りない可能性(告白していれば付き合えたかも)が生まれてしまうからではないかと考えられます。

さらにこの研究ではしなかったことへの後悔の上位3つを挙げてくれており、

勉強をしっかりすること
失敗を恐れずチャレンジすること
人間関係を大切にすること

このあたりを意識して生きていけば後悔の少ない人生を送れるかもよって考えられるわけです。

というわけでなにかにチャレンジするかどうかを迷っているときはしなかった時の方が3倍も後悔するということを思い出して決断してみてはいかがでしょうか。

後悔を減らすためのオススメ本

参考文献:その科学が成功を決める

-意思決定の心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分自身を客観的に見れない「平均以上効果」の罠とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あまり多いわけではないですが、たまに鼻につく人といえば、自分が凄いと思っている人や自分のことをかっこいいと思っている人でしょう。 これはいわゆる「ナルシスト …

死すら招く!?「ネガティブバイアス」の脅威とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 私たちは普段から過去の経験や先入観で偏ったものごとの見方をしやすいようにできています。 たとえば、最近はかなり聞くことが減りましたが「女性が家事をするものだ …

自分の持っているものは失いたくない心理の「保有効果」を行動経済学で解説

こんにちは心理学ライターのshinです。 年末の大掃除を思い出した欲しいのですが、物を捨てられなかった経験ってありませんか? まあ大掃除でなくても自分のものを捨てるのって難しいですよね。おそらくほとん …

成功体験に囚われる「ビッグウィン仮説」の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 人は現状維持を好みやすいというのはよく知られた事実です。社会科学の分野では「現状維持バイアス」という名前までついています。 たとえば、ダイエットを決意したの …

私たちの判断を大きく左右する「確証バイアス」の罠とは? 

こんにちは、心理学ライターのshinです。 人が判断を間違ってしまうことって結構ありますよね。にも関わらず私たちは自分は正しい判断ができると思ってしまいます。 この判断をミスしてしまう原因の1つとして …