心理学ブログ

Just another WordPress site

ポジティブ心理学

たった1分で幸福度・健康状態まで一気に高めてくれる方法とは?

投稿日:2020年2月12日 更新日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。皆さんは自分は幸福だと思っていますか?

これに迷いなくイエスと答えられる人は本当に幸せなんだろうと思いますが、大方の人は何かしら人生に対しての不満があったり、何か満ち足りないような気持ちになったりすることが多いと思います。

近年は特にテクノロジーなどの発展もあり、物質的にはかなり豊かになり個人で選ぶことのできる選択肢も圧倒的に増えました。

それでは現代人は昔の人よりも本当に幸せになったと言えるでしょうか?

安定した生活が手に入ったという点では幸福度は少し上がったかもしれませんが、全体的に見ればそれほど変わっていないと思います。

むしろ現代の方がストレスの多い生活になっているような、、、


このように物質的に豊かになったとしても人は幸せに慣れていってしまうという性質を持っているので短期的に幸せな気持ちになっても長期的に幸せを感じることはかなり難しいってことなんです。

そういったなかでたった30秒ほどでしかも手軽に幸福度があがる行動があれば知りたいと思いませんか?

わずか1分でできて費用もかからない、これなんだと思いますか?



その答えはなんと、、、感謝の日記を書くってことなんですよ!

本当にそんなことで変わるのかよと思ったかともいらっしゃると思うので実際の実験を見ていこうと思います。

感謝すると幸福になる!?


心理学者のロバート・エモンズとマイケル・マッカローが一連の研究で参加者を3つのグループに分けて、

1つのグループには感謝できること5つ

2つ目のグループには自分にとって嫌なことを5つ

3つ目のグループにはその週に起こったできごとについて5つ

毎週一回書いてもらいました。


その結果、嫌なことを書いてもらったグループ、できごとについて書いてもらったグループと比べて感謝できることについて書いてもらったグループの方が幸福感が強く、楽観的で、さらに健康状態までよかったんです。

まとめ

つまり簡単にまとめると感謝をすることによって幸福度が上がり、さらに健康的にもなったというわけです。

幸福度が上がった理由としては、はじめにも書いたように人は幸せに慣れやすいっていう性質あるんですが感謝の気持ちを持つことによって日々の些細な幸せに気づけるようになるからなんですよね。

よく成功した経営者の方とかが周りに感謝しなさいなんて言っているのを聞いたことあると思いますがあれは案外正しいってことなんですよ。

感謝するのはもちろん人間関係においてもいいですし、幸福度も上がってさらに健康状態まで良くなるって試さない手はないですね〜。

とはいえ具体的にどうすれはいいのーていう意見もありそうなのでオススメとしては寝る前に1日を振り返って感謝できることを3〜5つぐらいに紙に書くのがいいですね。また毎晩することによって習慣化しやすくもなりますよー。

というわけでぜひ1日1分で人生をより充実したものにしてみてはいかがでしょうか。




参考文献、オススメ本はこちら

人生を変えてくれる幸福についてのオススメの名著がこちら

-ポジティブ心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽しいことを先延ばしにすることでより「楽しく」なる!?幸福の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 今回は希少性が私たちの幸福のどのような影響を及ぼすかについてのお話です。 私たちはよく目の前のご褒美をとるか、それとも我慢して将来に置いておくかについていつ …

目の前のお金に気づいたのはたった6%!?幸運と幸福の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 私たちは普段からたくさんのことを見落としていることは前の記事で指摘しました。(例えば画面の中央にいるゴリラに、、詳しくは注意の錯覚の記事をどうぞ) 男性であ …