心理学ブログ

Just another WordPress site

バイアスの科学 意思決定の心理学

私たちの判断を大きく左右する「確証バイアス」の罠とは? 

投稿日:2020年7月6日 更新日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。

人が判断を間違ってしまうことって結構ありますよね。にも関わらず私たちは自分は正しい判断ができると思ってしまいます。

この判断をミスしてしまう原因の1つとしてあげられるのが自分の思いこみ、いわゆるバイアスってやつです。

このバイアスはとても厄介な存在で、頭がいい人でもこのバイアスの罠には引っかかってしまいます。


そんなバイアスの中でも最も強力なバイアスが「確証バイアス」と呼ばれるものです。

この「確証バイアス」は自分の考えに合うような情報ばかりを集めてしまう傾向のことで、一方で自分の意見とは違う情報を無視してしまいます。

では実際にこの傾向が確認された実験を見てみましょう。

私たちは都合のいい情報しか集めない!?

チャールズ・ロード、リー・ロス、マーク・レッパーの三人の学者はこの手の研究をするために実験を行いました。

まず彼らはアメリカの大学から「死刑を強く支持する学生」と「死刑に強く反対する学生」の48人を選んで実験に参加してもらいました。

そして彼らの全員に極刑の有効性に関する証拠とその効果のなさに関する証拠の2つの研究結果を見せました。(*これらはでっち上げたもの)


この結果とても興味深いことがわかりました。自分のもとの意見を支持する研究結果は高く評価した一方で、異なる意見の根拠となる研究結果はそれほど評価しませんでした。

死刑を強く支持していた学生は有効性が立証された資料を評価する反面、もう一方を説得力のない研究だと主張しました。

死刑に反対していた学生は全く逆の評価をしたのです。


物事の両面を見るようになったのではなく、むしろ自分の意見を強固なものにしてしまったと言うわけです。

別の研究で脳の活動記録を調べると、なんと事前の判断とは異なったデータを見たときに脳の反応は、自分の正しさを裏付けたときよりも薄いということがわかったのです。

まとめ

つまり、私たちは自分の都合のいい情報を評価するのに、自分の都合の悪い情報は過小評価し、無視する傾向があるのです。

このようにして、自分の意見の合うような情報しか集めなくなってしまう「確証バイアス」を引き起こしてしまいます。


これは情報化社会を生きる私たちの大きな問題になりかねません。

Googleの検索エンジンはあなたのよく検索する情報からあなたの味方になるような情報ばかりが集めってしまいますし、YouTubeも同じようなアルゴリズムです。

こうなってしまえば、自分の意見に対して反対の情報が入らなくなり、ますます偏った見方をしてしまう可能性があるのです。


この偏った見方は大きな判断のミスに繋がることがあります。

「確証バイアス」を避ける方法としてはまずは自分が偏った見方をしていることを自覚すること、そして反対意見を進んで集めることが有効です。


というわけで「確証バイアス」の罠に引っかからないように気をつけてみてはいかがでしょうか。


参考文献、オススメ本

バイアスについて学びたいならこの本がオススメ

-バイアスの科学, 意思決定の心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイアスに対してより引っかかりやすいのは頭がいい人!?衝撃の研究結果

こんにちは、心理学ライターのshinです。 心理学ではバイアスが私たちの判断を歪めますよってことは定番中の定番でして、過去の記事でも「確証バイアス」について詳しく書きました。 バイアスっていうのはもと …

将来の自分を想像すれば欲求に勝てる!?「現在バイアス」への対策法とは

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたはこんな経験がありませんか?「ダイエットをすると決めたのにチョコレートを食べてしまった」「明日までにやらなければいけない仕事があるのに動画を見てしまっ …

集団での意思決定は危険がいっぱいだった!?意思決定の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 当たり前ですが、企業や団体など様々な組織の意思決定ってのは非常に大事で、特に集団が大きくなればなるほど意思決定の影響も大きくなりますよね。 そういった重要な …

人間に自由意志など存在しない!?名著「ホモ・デウス」が明かす自由意志の幻想

こんにちは、心理学ライターのshinです。 突然ですが、あなたには自由な意思が存在していると思いますか? この質問をされるとほとんどの人は面を食らったような顔をするでしょう。中には何を言っているんだ、 …

選択肢は実は少ない方がいい!?「行動経済学」から分かる選択の科学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 皆さんは選択についてじっくり考えたことありますか? 意外とじっくりと自分がどうやって選択肢の中から決断しているのかって考えたことないですよね。 人生は選択の …