心理学ブログ

Just another WordPress site

意思決定の心理学 日常で使える心理学

良いことをしたあとは悪いことをしたくなる!?「モラル・ライセンシング」の心理学

投稿日:

こんにちは、心理学ライターのshinです。

あなたは人に親切をした後に、いい気分になって少し自分勝手な行動をしてしまった経験とかありませんか?

たとえば、道端でお婆さんが重い荷物を持っているのをみて手伝ってあげて、いい気分になってその帰りに信号無視してしまったとか。

この経験はあまり一般的にはないかもしれませんが、このように道徳的に良いことをした後や、人に親切をした後に自分の好きな行動をとっていいと思ったことはあるのではないでしょうか。


実はこの傾向は心理学の世界ではよく知られており、良いことをしたあとは自分の好きなように行動していいと思いがちなことがわかっています。

この傾向について明らかにした研究を紹介しましょう。

道徳的に良いことをした後は自分にライセンス(許可)を与えてしまう!?

心理学者のブノア・モナンとデイル・ミラーは研究の一部として学生たちを二つのグループに分けてそれぞれ以下のような意見を評価してもらいました。

1つ目のグループ

「ほとんどの女性は本当に頭が良いとは言えない」
「ほとんどの女性は外で仕事をするよりも家で子供の世話をする方が向いている」

この意見に対して「全く反対」から、「全く賛成」までの4段階で評価してもらいました。

2つ目のグループには少しニュアンスを変化させて

「なかには本当に頭が良いとは言えない女性がいる」
「なかには外で仕事をするよりも家で子供の世話をする方が向いている女性もいる」

で先ほどと同じように4段階で評価してもらいました。

そうすると、最初の2つの意見を評価するように求められた学生たちは、この意見に対して反対しました。

一方で、次の2つの意見を評価するように求められた学生たちは、中立的な態度を示しました。


実は実験には続きがあり、この評価を終えた後学生たちは就職面接という設定で意思決定をするシナリオに参加しました。

彼らに与えられた課題は、建設や金融などの典型的な男性中心の業界の上級職に対しての男女数名の候補者の適性を判断することでした。


すると、あからさまな差別発言に対して強く反対した学生たちの方が、性差別が和らいだ意見に賛成した学生たちよりも、その職種には男性が向いていると判断したのです。

まとめ

つまり、性差別に強く反対した人ほど、面接で実は性差別的な見方をしがちだったってことですね。

このように私たちは、自分が道徳的に正しいことをした後は、「良いことをしたのだから自分の好きなように行動していいだろう」と思ってしまうんですね。

このような傾向のことを心理学の専門用語で「モラル・ライセンシング」と呼んでいます。


たとえば、自分は今日はしっかり仕事をしたのだから家では自分勝手にしてもいいだろう、とか全く関係のないことに飛び火することもあります。


気をつけなくてはいけないのは、この「モラル・ライセンシング」は誰にでも起こりうることだということ。

まあ、正しい行動をとりつづけられる人なんてほとんどいないですからね。

とはいえ、この「モラル・ライセンシング」が大きなミスを引き起こすことも十分に考えられます。

もし、「モラル・ライセンシング」を避けたければ、特に自分が良いことをしたな、と感じた時にこそ注意が必要です。


というわけで、「モラル・ライセンシング」の罠に引っかからないように気をつけてみてはいかがでしょうか。

じゃあ、またね〜。






参考文献、オススメ本はこちら

「ずる」したくなるのはいつかを知りたいならこちら

-意思決定の心理学, 日常で使える心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私たちの判断を大きく左右する「確証バイアス」の罠とは? 

こんにちは、心理学ライターのshinです。 人が判断を間違ってしまうことって結構ありますよね。にも関わらず私たちは自分は正しい判断ができると思ってしまいます。 この判断をミスしてしまう原因の1つとして …

一度の失敗がさらなる不運に呼びこむ「どうにでもなれ効果」とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたにはこんな経験をしたことはありませんか? あなたはダイエットのためにカロリー制限を1週間続けていて、順調に体重が落ちてきました。そんな時に、ふっと目に …

意思決定を歪める「自前主義バイアス」の罠とは!?

こんにちは、心理学ライターのshinです。 あなたは自分の作った料理が他人の作った料理よりも美味しく感じてしまったことってありませんか。 自分が作った料理の方が他人の作った料理が美味しいなんてあたりま …

人は未来のことに寛大になる傾向がある!?「ギブ・モア・トゥモロー」の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 今回はどのような頼みごとを相手が引き受けてくれやすいのかについて解説したいと思います。 私たちは普段から相手に自分にとって好ましいような提案を行い、相手に行 …

成功体験に囚われる「ビッグウィン仮説」の心理学

こんにちは、心理学ライターのshinです。 人は現状維持を好みやすいというのはよく知られた事実です。社会科学の分野では「現状維持バイアス」という名前までついています。 たとえば、ダイエットを決意したの …